シニア男の一人ご飯

本日はどんなものを食べたかの記録
と、老いに向かう不具合発生の記録

キッコーマン「うちのごはん」

 キッコーマンの「うちのごはん」と焼鮭のお粥とトマト・ほうれん草・パンにとろけるチーズとバターをのせて、バーナーであぶったものです。


69歳になって、高校の同級生の一割(病気や事故が原因であろうと思います)は、逝去しているようです。


人間もいずれ、自動車がポンコツになって、修理しても動かなくなるように、寿命を迎えるのだとおもいます。
私自身、体調に悪い(痛い)ところが、継続して発生(前立腺)しており、最近、ニ~三日眠れない日を過ごしました。
改善(修理)の為に進んでゆきます。




塩干サバ焼・レバニラ

 半年くらい冷凍庫に保存していた塩干サバをやっといただきます。


塩干塩さばでも店頭に並んだ状態は、何度か冷凍解凍されているはずです。
それをさらに冷凍してもおいしそうに出来上がるわけはありません。


他、セブンのニラレバの残りと、お粥をいただきます。





セブンのチキン・レバニラとにゅうめん

 にゅう麺を食べ続ける理由は?

アマノフーズのカタログが目に付くところに置いてあるからなのです。


この商品、贈り物にする以外は、高額だから自分では買いません。


しかし、カタログを見ていると、調理のヒントになり、自分で作っていただくのです。


米国産ステーキ

 先日、スーパーで購入していた米国産牛肉を塩コショウ・ニンニクチューブの味付けでいただきます。
塩コショウを効かせるとおいしくなりますが、健康面ではどうでしょうか。
フライドチキンなど久々に食べると、こんなに塩辛かったのかと思います。


本日は泌尿器科に行って、採血をしてきました。
PSAの数値を知りたかったのです。一週間後に結果が出ます。

にゅう麺

 カワハギの煮付をつくり、そのスープを使い、ニュー麺(ソーメンを入れたスープ)をいただきました。


スギ薬局ブランドのソーメンは、粉っぽくて、おいしくありません。


PBブランドを作るのはセブンが一番良しです。


イオンもダメ、何のためにプライベートブランドを作るのか、消費者側は、意味が分かりません。


「カワハギ」は骨の固さから危険です。店内加工のぶつ切りはいただけません。
先日は、皮をはいだだけの一匹物を見かけたのにです。
切り刻んでいなければ、骨離れの良い魚だと思うのです。