シニア男の一人ご飯

本日はどんなものを食べたかの記録
と、老いに向かう不具合発生の記録

悪いものは「白」

12月6日の「生検」の結果が昨日、医師より伝えられました。

結果は、「初見:提出前立腺生検検体1-12では、異型腺管の増生は明らかではありません」でした。


総合病院を受診してから一か月近くかけて、触診・採血・MRI・生検・診断と進んだわけです。MRI診断では、「前立腺移行域に癌病巣の可能性のある小病変を数か所みとめます」と、なっておりました。


「当センターでの診察について」という書面をもらいました。
「本日で、当診療科での診察は次のとおり、終了しました」
「紹介状を作成しました。今後は、紹介先の医療機関で治療を継続してください」
にチェックされています。
次に受診するときは、紹介状を持って受診してくださいとも言われました。


99%覚悟(手術などの今後の治療)していたのですが、唖然とした気持ちと、「痛いのは、不具合は、PSAはなんだ」などの疑問もわいてきます。


炎症でもPSAは上がる、痛いのは、何か名称を言われたのですが整形外科的なものもあり、突然改善されたりするようです。痛み止めと胃腸薬を処方されました。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。